給与のデジタル払いが解禁に


入金先を〇〇ペイといった決済サービスに指定できる

2023年4月より、会社から従業員に支払われる給与が〇〇ペイといったスマホ決済サービス業者宛てに振り込むことができるようになります。(100万円が上限)


現在は、銀行振込のみが認められいる給与の支払いですが、デジタル払いが可能となることによって、政府としてはキャッシュレス決済の普及率を引き上げたい意向です。


メリットはあるのか

給与デジタル払いにすると銀行を介さずにスマホ決済サービス業者へ送金されることになりますので、外国人の方など銀行口座を持っていなくても給与を受け取ることが可能となります。


そして今後、給与支払い先に指定したらポイント還元またはポイント還元率アップといったスマホ決済サービス業者によるサービスが提供される可能性もあるでしょう。


毎月給与の一定額(例えば毎月5万円だけ)をデジタル払いにするとチャージする手間が省け利便性が高まりそうです。



デメリットはないのか

給与支払い先が銀行ではないので、決済サービス業者の経営状況によっては安全性に問題が発生することが想定されます。


また、セキュリティについても課題があるでしょう。


それから当然現金化が容易に行えないと困る場面が出てきます。


不正取引の補償やATMなどで1円単位で現金化できることなどの一定の条件を満たす業者がデジタル払い先として認とめられる見込みです。




閲覧数:0回

関連記事

すべて表示