保険証がマイナンバーカード一本化に


紙の健康保険証は2024年秋に原則廃止

河野デジタル大臣により、紙の健康保険証はマイナンバーカードに一本化する方針を明らかにされました。


それに伴って紙の健康保険証は2024年秋に原則廃止とするとのことです。


マイナンバーカードを巡っては、運転免許証についても一本化されることになっています。


さらにマイナンバーカードの電子証明書をAndroidのスマートフォンに搭載するサービスも2023年5月から開始されることも表明されました。


今後、各種カードのマイナンバーカードへの統合の加速及びマイナンバーカード取得促進のための広報や自治体支援、電子証明書の手数料の当面の無料化や、民間でのカード利活用の実証実験の支援などが盛り込まれていく見通しです。


一枚のカードに集約されるのは、便利である一方で紛失したときにはその影響はかなり大きなものになります。


マイナポイント付与による普及促進策にもかかわらず、現状マイナンバーカードの取得率は49%で、マイナンバーカードに対する国民の理解と関心はあまり高くないと言えます。


マイナンバーカードの取得は義務ではなく申請によりますが、今回の方針によると、実質的にマイナンバーカードの取得を義務付けるものですね。

閲覧数:1回